高橋由伸選手、若手10人も契約更改

  高橋由選手ら巨人軍の11選手が26日、東京・千代田区の球団事務所で契約更改を行いました。高橋由選手は、球団と4年契約を結んだことを明らかにしました。

 高橋由選手は今季、強打のトップバッターとして大活躍し、先頭打者本塁打9本の新記録を達成。セ・リーグのベストナインに選ばれました。シーズン通算では35本塁打、88打点、打率.308をマークしました。

 記者会見では「今年は自分自身、納得できました。最後の最後までドキドキするような形で(本塁打王の)タイトル争いができて、いい経験ができました」と笑顔で振り返りました。来季については「目標は日本一。今年の経験を生かして、来年も同じぐらい活躍したいと思います」と話しました。

 また、契約については、FA(フリーエージェント)権を行使せずに4年契約を結んだことを明かし、「将来的には長く、この球団に携わって、関わって行ければと思いますが、それはまだ先の話。まずは4年間、きっちりと選手として活躍したい」と決意を語りました。

 またこの日は、若手10選手も球団事務所を訪れ、契約更改に臨みました。記者会見では、来季の目標やオフの過ごし方などについて語りました。

岩舘選手「けがをしない体作りを、このオフの課題としてやっていきたいと思います」

星選手「今年は一度も一軍に上がらず、くやしい一年でした。阿部さんがいない時期にどれだけ力になれるかが、僕にとってはチャンスなので、アピールできるようにしたいです」

深町投手「即戦力を期待されてきたのに、一年間で1試合しか投げられず、内容もよくありませんでした。オフには、たくさん走って、トレーニングしたいと思います」

上野投手「自分の持ち味をオープン戦などで出し切れませんでした。秋のキャンプでサイドスローに取り組みました。一軍の左バッターを打ち取ることに重点を置いています」

越智投手「来年は中継ぎでなんとか入って50試合以上は投げられるようにしたいです。勝負球のフォークをもうちょっと磨きたいと思います」

寺内選手「(新背番号00は)大きな背番号と感じました。期待されているという実感もあります。開幕から一年間、一軍にいられるような選手になりたいです」

松本選手「育成から支配下になるのが目標だったので、よかったのですが、一軍に上がれなかったのはくやしかったです。もう一度、育成選手の気持ちに戻って、一から鍛え直したいと思います」

隠善選手「来年のキャンプ、オープン戦の結果があれば、支配下の形も考えていると言われました。このオフで磨いて、違うものをアピールできたらいいと思います」

東野投手「来年は4年目なので、結果を求めるシーズンにしたいです。一軍定着を目指します」

木村投手「今年は勝負の年と思っていたのに、いい成績を残せませんでした。来年は後がない、最後の一年と思い、必死にやって行きたいです」
[PR]
by inno72 | 2007-11-27 07:37 | ジャイアンツ

新化~GIANTS PRIDE 2017~


by inno72