<   2006年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

 今日より、ブログを再開いたします。今後ともよろしくお願いいたします。
 [昨日] ピンチに痛恨のミス…3連敗 【巨2-4中】

 好投の先発パウエルを援護できずに敗れた。打線は決定打を欠き、守備でも終盤、痛恨のミスが出た。

 中日先発は朝倉。巨人は四回、二岡、李、高橋由、阿部の4連打と、矢野のヒットの計5安打を集中し、2点を先制した。

 しかしその裏、パウエルは福留、T・ウッズ、アレックスの3連打を浴びて2失点。試合は振り出しに戻った。

 巨人打線は五回以降、朝倉を攻めあぐね、七回までの3イニングで矢野のヒット1本のみに抑えられた。

 一方、パウエルも中日打線を五回、六回と三人で片付けたが、七回、アレックスのヒットなどで無死満塁のピンチを背負った。一死後、パウエルは代打・高橋光を三塁ゴロに打ち取ったが、打球をつかんだ古城が本塁悪送球。2点を失い、勝ち越しを許した。

 八、九回は、中日リリーフ陣の前に打線が沈黙した。

 巨人は、中日を上回る計8安打を放ったが、相手の堅い守備に阻まれ、チャンスを広げることはできなかった。

 巨人は3連敗。中日戦の連敗は「9」となった。
      
[PR]
by inno72 | 2006-07-31 17:10 | 管理者から

しばらく投稿休みます

 期間〉 7月29日から3日間ほど
[PR]
by inno72 | 2006-07-28 08:10 | 管理者から
 序盤は激しく点を奪い合い、終盤は1点を争うという起伏に富んだゲーム。巨人救援陣が好投し、リードを守り切った。

 先発は巨人が上原、広島は佐々岡。巨人は二回、アリアス、阿部、亀井のホームランで一挙5点を先制した。

 上原は、序盤の3イニングを打者9人で片付ける上々の立ち上がり。しかし四回、栗原の3ランなどを浴びて一挙に5点を失い、試合は振り出しに戻った。

 その裏、亀井が2打席連続となる勝ち越しのソロホームラン。続く五回には矢野が勝ち越しタイムリーを放ってリードを広げた。

 一方、上原は立ち直れず、五回以降もヒットを浴び続けた。六回には前田にソロホームランを浴び、さらに走者2人を出したところで降板した。2番手・野間口は死球を与えて一死満塁とピンチを広げたが、後続を断って切り抜けた。

 巨人打線は六回以降はノーヒット。広島は、再三、走者を出して同点機を狙ったが、野間口、久保らリリーフ陣が“ピンチの芽”を摘み取った。最終回は高橋尚が一人の走者も許さなかった。

f0080837_15294922.gif

[PR]
by inno72 | 2006-07-27 15:29 | ジャイアンツ
f0080837_14212549.gif
 常に広島に先行を許す展開となり、追い上げながらも一度も追いつけないまま、後半戦の初戦を落とした。

 先発のパウエルは3回、先頭の東出にセンター前ヒットを打たれ、内野ゴロ2つで三塁へ進まれると、新井のサードへのタイムリー内野安打で1点を先制された。

 その裏、二岡のヒットと高橋由の四球で二死一、二塁としたが、李が一塁ゴロに倒れた。

 5回、パウエルが東出、嶋のヒットで二死一、二塁のピンチを招き、またも新井のタイムリーで2点目を奪われた。

 6回、李の30号となる左中間へのソロホームランで1点を返した。

 しかし7回、パウエルが二死から嶋に右中間への二塁打を浴びると、新井にこの日3本目のタイムリーを打たれて再びリードを2点に広げられ、この回途中で降板した。

 その裏、先頭の阿部がレフト線への二塁打で出塁。矢野の二塁ゴロで三塁に進み、亀井の犠牲フライで生還して、再び1点差に迫った。

 9回、4番手・林が嶋にレフトフェンス直撃の二塁打を打たれて降板。代わった真田が新井のセンター前ヒットで一死一、三塁とされ、前田のセカンドゴロによる併殺崩れの間に1点を奪われた。

 その裏、先頭の阿部がセンター前ヒットを放ち、広島のストッパー・永川の暴投で得点圏に走者を進めたが、後続を断たれた。
[PR]
by inno72 | 2006-07-25 21:21 | ジャイアンツ

ジャイアンツTV

つくってみた。
f0080837_21223282.gif

[PR]
by inno72 | 2006-07-24 21:22 | ジャイアンツ
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
C 0 1 0 2 0 1 0 2 1 7
P 0 0 2 0 2 0 0 0 0 4


 連勝!!いや~、全セはいいねぇ。藤川、クルーン、そして内海!!

 さぁ、ここからでっせ、ジャイアンツも!!波に乗っていきましょうや!
[PR]
by inno72 | 2006-07-23 07:57 | 野球
今日開催予定のサンヨーオールスターゲーム第2戦は雨天のため中止とし、明日23日に順延となりました。入場券もそのまま有効となります。

《パシフィック・リーグ ボビー・バレンタイン監督の話》

 こういう天候になって残念ですが、宮崎の素晴らしい野球ファンのために明日はいい試合をしたいです。

《セントラル・リーグ 岡田彰布監督の話》

 ぜひ、やりたかったけれど、この雨では仕方がない。今日一日しっかり休んで、選手たちには明日、ファンに喜んでもらえるように頑張ってもらいたい。18年ぶりの中止? ああ、その時のことは覚えてますよ。その年の第2戦(ナゴヤ球場)でホームランを打って、MVPを獲ったからな。

※オールスターゲームの雨天中止は1988年7月23日 第1戦(西宮)以来、12度目。今年の第1戦まで43試合連続中止がなかった。
[PR]
by inno72 | 2006-07-22 16:25 | 野球
 
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
パ・リーグ 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
セ・リーグ 0 1 1 0 0 1 0 0 0 3

 なかなか。巨人所属のセが勝ったのはよいよい。両チームの4点のうち3点はソロHR。1点は我らがGIANTSの李承燁!!

 勢いいいぞ!詳細はコチラ
[PR]
by inno72 | 2006-07-21 21:33 | 野球

小久保、痛みが再発

 右手親指を骨折し、2軍で調整中の巨人の小久保が21日、ティー打撃で患部に痛みを訴えた。東京都内の病院の検査で異常は見られなかったが、鎮痛剤の服用で様子を見ることになった。

 小久保は20日にフリー打撃を再開したばかり。25日の後半戦からの復帰を目指していたが、微妙な状況になった。

 ショック。ついさっきこのニュースを見たと思ったのに。
[PR]
by inno72 | 2006-07-21 21:08 | ジャイアンツ
 巨人・内海哲也投手(24)が初出場のオールスター戦に、“原点回帰”での真剣勝負を誓った。22日の第2戦(サンマリン宮崎)で全セの先発投手を務めるが、思い出の地で熱投を演じ、さらなる飛躍を遂げていく。

 決してお祭りじゃない。内海は表情を引き締め、目前の大舞台に照準を絞った。「宮崎は初登板した球場ですからね」因縁のマウンドに思いを馳せると、自然と闘争心がほとばしってきた。

 苦い過去がある。ルーキーイヤーの04年5月25日、広島戦。1軍デビューを果たした場所が、サンマリン宮崎だった。9回から登板すると、3連打を含む4連打され3失点と炎上。プロのキツい洗礼を浴びた。あの屈辱をバネに厳しい鍛錬を積んだからこそ、現在の自分がある。「ストレートで強気に勝負したい」初心を忘れることなく、真っ向勝負でパの強打者を封じ込める。
[PR]
by inno72 | 2006-07-21 21:06 | ジャイアンツ

新化~GIANTS PRIDE 2017~


by inno72