人気ブログランキング |

シーズンオフ No,7 【秋季キャンプ打ち上げ】

f0080837_1565174.jpg


 巨人は20日、宮崎県総合運動公園(宮崎市)での秋季キャンプを打ち上げました。
 
 選手たちは午前中に練習メニューをすべて終え、同公園内の「ひむかスタジアム」に集合。正午過ぎに首脳陣、スタッフとともに円陣を組んで手締めを行い、鍛錬の日々を締めくくりました。

 練習は午前9時40分にスタート。投手陣が「木の花ドーム」で始動し、栂野投手とテスト生のマニョンが投手ブルペン入りしました。2人は尾花コーチの指導を受けながら、ともに55球を投げ込みました。

 野手は午前11時に練習開始。投手陣の一部と合流し、同公園内の陸上トラックで3000メートル走=写真中=に挑みました。脇谷、坂本、古城選手ら10人が一斉にスタートし、歯を食いしばりながら周回を重ねました。寺内選手がトップでゴールし、キャンプ主将の脇谷選手は周回遅れでゴールにたどりつきました。

 手締めの際には、その脇谷選手が円陣の中心であいさつ=写真上=。「このキャンプでは、いろいろ課題も、いい所もありました。来年、一軍の試合で一人でも多く活躍できるように、オフをしっかり過ごしましょう」と呼びかけ、手締めの音頭を取りました。

伊原ヘッドコーチ
今回は若い人を編成してきたので、一軍選手との力量を見比べるのも一つの所(ポイント)だった。ピッチャーは越智、栂野らに成長が見られ、来季に期待が持てる。野手は、一軍レギュラー陣とは差があるが、内野では寺内、外野では隠善が力を見せていた。一軍のレギュラーに、内外野1人ぐらいずつ食い込んでくれれば、と思う。
by inno72 | 2007-11-20 15:06 | ジャイアンツ

奮輝 ~GIANTS PRIDE 2018~


by inno72