人気ブログランキング |

2006年 06月 17日 ( 1 )

中継ぎ陣崩れる

 中盤までは1点を争う白熱した展開。しかし終盤、巨人リリーフ陣が打ち込まれ、大量点を奪われた。

 先発は巨人がパウエル、楽天は有銘。巨人は三回、清水のソロホームランで先制したが、楽天も四回、3安打を集めて同点に追い付いた。

 楽天は続く五回にも1点を加えて勝ち越し。なお一死三塁の場面でスクイズを仕掛けたが、實松が好ブロックで本塁突入を阻止した。

 巨人は六回、自らの二塁打で出塁したパウエルを、二岡がタイムリーで返して再び同点とした。

 しかし七回、2番手・久保が一死三塁のピンチを背負い、続くリックの打球を二岡が痛恨のエラー。楽天に再度、勝ち越しを許した。

 続く八回には、3番手・林が山崎の2ランを浴びるなどして3失点。九回も5番手・酒井が1点を奪われた。中継ぎ陣は、3イニングで計5失点と大きく乱れた。

 九回裏、李がソロ本塁打を放ったが、劣勢をはね返すには至らなかった。
by inno72 | 2006-06-17 12:58 | ジャイアンツ

奮輝 ~GIANTS PRIDE 2018~


by inno72